お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4004)立志伝敢闘編
18/03/10
2011年(平成23年)7月中旬。
午前中やっと、処遇改善の実績修正が出たので送信した。夕方また担当者から電話があり、「超過勤務手当の改善交付金と助成金に該当する金額で個人個人の分が出ていない。」
という。
そんな時間はない。それでも、
「困まります。」
というので再度何とかする事にした。
最初から言えばいいものを。
 人事問題を勝手に引き起こして、本社のツートップが我慢出来ずに退職願を提出した原因を作った二枚舌の70歳社員からメールが来た。気付いて居なかったので、返事を勿論出さなかった。
気付いた時には、返事が来ていないので明日また訪問する時間の約束をしたいとの連絡だった。
 『報告したい事項があるので、何時にお伺いしたらいいですか。』
 と、いうのが最初のメール。返事が無かったので
 『お忙しいと思いますので、明日また連絡します』
 とのメールが来ていたのを気付いたのが1時間後。
 メールで
 『報告事項とは何ですか』
 『人材派遣の事です。明日お伺いして、詳しい報告をします』
 『結論だけ連絡下さい』
 どうしても来たいとの思いがあるが、謹慎中であるにも拘らず何を言うのかという気持ちを滲ませた。
問題を起こしても、謝罪も無く平気の平左では困る。会う必要のある事項だったら会うが、その必要性の無い事項だ。電話で話をしたいという。こちらから電話を掛けた。
 派遣会社から、市役所が間に入って無職の者の研修の受け入れをした。その指導料は、1日3000円だという市からの話だった。ところが、その契約書が無い。担当者の70歳社員が問い合わせをすると、
 「1日3000円は出します。しかし、7月は20日のうちの半分の10日です。それ以降は、自立させて下さいという返事でした。ですから、8月からは零です。」
 「それだったら、介護からも、もう使い者にならないと言って他に回してくれと言って来ている。ややこしいから、お引き取り願いなさい。もう結構ですと。」
 「本当にすみません。私が余計な事をしてしまって。」
 彼が、採用ブースを準備して面接して段取りをひと月掛かって行ったが、結果はこのように成った。市役所が絡んでも、こんなひどい事をするのかと、呆れ果ててしまった。
 それにしても、その70歳爺さんの二枚舌を理由に退職願を持参して来たツートップは、その件で打ち合わせすると1週間以上前に話しをしたのだが、まだ何も言って来ない。
70歳爺さんは店晒しだ。何を考えているのだろうか分からない。それにしても、時間が過ぎると私も落ち着いて来る。私がツートップっと同じ立場だとして、70歳の婆さんが入社して来て勝手な事をやり始めたり態度が悪かったりしたからと言って、それを理由にして退職願を出すだろうか。他の者にも聞いたが、
「そんなバカな。」
と。
 「俺だったら、あんな奴、和を乱すから辞めさせてくれとかどっかにやってくれとかは言うかもしれないが、何で自分が辞めないと行けないのか。」
 と、言うと同感だと言ってくれた。
 この地特有の、駆け引きでもう少し給与で何とかして貰いたいとそれを利用したんじゃないかというのが、大方の意見だ。
しかし、私はそんなにしつこくないので、そう言われたらどんな重要な人材でも退職を受け入れる。ただ、ツートップの退職後の影響を考えて時間が欲しい。妊娠している社員もいるので、5人中3人の社員を失う事は組織の維持を危うくするので、少しの間時間を待っているだけ。
 花王さんに、介護用品のネット販売をさせてくれませんかと依頼した。その説明に私の事務所に来た。どんな会社が見る必要があると、現地調査に2人中年男性が来た。最初は、頭から
 「ウチは条件が厳しいですから。」
 から始まって、
 「ネット販売には対応していない。ドラッグストアを重視しているので難しい。」
 との事だった。
 しかし、会社の説明や当社の思惑、これからの営業戦略などを説明して何とか、審査の入口まで辿りついた。あとは、花王さんの社内審査をクリアできれば、取扱商品の販売が可能になる。傍にいたNPO法人常勤理事の智子さんが、 
 「最初はあれほど駄目だと拒否していたのに、佐藤さんは凄いね。大丈夫みたいですね。段々と、佐藤さんの話しに聞き入ってちゃんとした会社だと分かってくれた。」
 その乾杯ではないが、繁華街目指して走行してヒルトンプラザビルに向かった。気に入っている、神戸ホテルのイグ・カフェに入った。初めてディナーを食したが、その味付けは今までに口にした事が無いような上品な美味しさで、美味しいを連発した。
帰りは、これまた濃厚で美味しいチーズケーキと苺のショートケーキを持ち帰った。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報