お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4000)立志伝敢闘編
18/03/08
 権力欲だけを出している菅の馬鹿が、まだしがみついている。奴が辞めれば、みんなが一丸となって震災復興に対応すると言っているのだから、身を捨てればいい。こいつが居るから、おかしくなっている。何も出来ないでいる。
 何でそんなに責任感を前面に出すのか。微塵もない意識を、口に出すだけで気分が悪くなる。しがみつく理由が無い。多くの人にそう言われて、何で辞めようと思わないのか分からない。こんな自信の無い視線が定まらない奴を見ているのが、不快でどうしようもない。
 次男の建築中の家が心配になってメールした。何しろ、ホットスポットと言われている地域に建設しているのだから、訳が分からない。先日、行った時に話しをした。
 「放射能の心配はないのか。」
 「大丈夫だよ。」
 「いいか、この地区は過疎の問題もあるし、5年以内に売却して引っ越す事を考えるように。」
 「一生住む積りだから。」
 そう意地っ張りな次男は言っていた。
 ところが、ホットスポットが話題になりだしてニュース化するのを見ていたので、堪り兼ねて今回メールで打診した。
 『ipadかiphoneがあるけれど、必要か』
 と、メールを送った。
 『使いたいけれど、財布の問題があるから』
 『全部会社持ちだけれど、必要なら持って行くから』
 『ipadの方がいい。使ってみたいから。』
 『ところで、俺が家を建てる時に言っていた放射能の被害はどうか』
 「かなり高いみたい。でも、もう屋根が乗るところまで行っているし諦める他ない。子供が出来たら転居も検討するけれど。水は取っている』
 こんな被害を与えて、何の情報も流さず何の手当てもしていない。
 一体この政権は、何を目的として居るのか。民主党内でも、批判はするが行動を取ろうとしない。閣僚だって辞表を出せば良い。それなのに、しがみつく行動はおんなじだ。批判はするが、大臣職は失いたくない。
 毎年、同じ7月生まれの全身性障害者の彼女と一緒に誕生を祝っている。今年も、彼女から12日に開催したいと連絡があった。今回は、ボランティア意識を醸成するためにNPO法人主催で行う事になった。参加人数を確認するのと、加入促進を図って未加入者にも声を掛けた。余り多くなっても仕方が無いので、20人を目途に会員確保を目指す。
 現時点では17名の会員数だ。各種活動も活発になり、土曜日には市主催の協働事業シンポジュームに参加する。
 6月実績が出て来た。この地域の介護部門は、大幅に収益を伸ばした。本社の介護も伸びた。後はそれほどの変動はなかった。先月と打って変わって今月からは経費を使わないように務めないと行けない。11月まで大口の収益が見込めないのだ。その代わり、11月から毎月連続的に大きな金額が入って来る。
 先日、修正で提出した処遇改善交付金と助成金の金額が
 「合わない。」
とまた連絡が来た。
 頭の痛い事だ。再度土曜日曜にやり直しだ。これまで、数字には滅法強かった私だが、どうやら老化が始まったようだ。
 「節電対策の為に、ベランダに植えたゴーヤがすごい勢いで伸びている。」
と、担当のNPO法人常勤理事の智子さんが言って来たが、隣の自立支援事業所のベランダでもトマトを植えて、
 「そろそろ収穫です。」
という。
 楽しみながら節電を試みているが、それがこれまでの生活だったのだ。しかし、都市化していなかったので、街中もそれほど暑くなく風も爽やかだった。
 私は、現在も午前中はジャージ姿でエアコンを点けずに過ごし、汗だくになって昼に戻って着替えてシャワーを浴びて午後からはエアコンを点けて過ごす。
 そのお陰で、肌がすべすべになった。汗をかくのは肌にはいい事なのだと実感した。
 そろそろ地デジの期限が来る。丁度私の誕生日がその期限に当たる。夜、買って置いた32型のブラビアを箱から取り出して準備をした。
 現在は、パソコンでテレビを見ている状態だ。大型のパネルを備え付けているパソコンで、地デジに移行したらパソコンを使えるのか心配だ。早くするように息子に言われていたのだが、この性格だから今頃になった。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報