お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3991)立志伝敢闘編
18/03/04
2011年(平成23年)7月上旬。
本来なら、仕事はしたくなかった。この土曜日日曜日の二日間は、寝込んで居たかった。しかし、今日は、まず9時半に面接があった。7月1日から採用した、元女子プロレスラーの社員採用だ。
しかし、私はその採用には疑問があった。研修センターの高学歴社員が推薦するので、その方向にしたのだが、資質の問題がある。全く会社勤務を経験せずに、一体何が出来るのだという事と、利益を出す事が出来るのか。他のヘルパーさんの見本となるように、成れるのかどうか。普段の生活が介護をするという生活に変える事になるのか。
 推薦した責任者である、研修センターの高学歴社員を同席させて話しをした。実習型雇用の趣旨を
 「6カ月間の契約で、仮に社員扱いになっているが、本質は当社の経営に寄与する社員になる事が出来るかどうかの教育期間だ。その間に、利益を出すような仕事が出来そうもなかったら、12月に契約が切れると同時に終わる。他の社員は、サービス提供責任者となる資格を有している。ケアが無くても、管理などの仕事をする事で会社に貢献している。しかし、貴方はそのような資格を持って居ない。介護と自立支援で自分の給与を稼ぐだけの技量を示して欲しい。また、無理をしなくても良い。出来ないと思ったら直ぐに言って欲しい。出来ないいやいやながら遣ると必ず事故になるし、トラブルを起こす。」
 そういう内容を度々言った。
 そのほかの仕事として、人材紹介事業をやらせるように言っていた。しかし、私が職業訓練の講師として研修センターに行った時には必ず1日中席に居て何やら仕事らしい事をしていた。アルバイトとして働かせている事も聞いて居なかった。後からそれらしい事を、彼女を管理する立場に有る高学歴社員が言って来た。その時に、
 「外に出して、名刺を持たせて外回りをさせなさい。新聞の折り込みに出ている求人の事業所を回らせて、結果を出させるように。」
 そう何度も言っていたが、事実はこうだった。彼女がいうのには、
 「受講生にハローワークから求人資料を持って来て貰って、それをデータでパソコンで打ち込んでいる段階です。」
 等と言っていた。
 全く私が言った事を守って居なくて、何も実績が出て無くて何日も過ごして、10万円のアルバイト料を支払ったのだ。こんな仕事で、こんなにアルバイト料を貰えるのだと思ってしまっている。
 そんな実習型雇用対象者だから、最初から厳しい言葉を言った積りだったのだが、身にしみていない内容だ。困った事になった。
 やる気の無い時間を過ごすのが嫌で、面接が終わったので帰宅したかったが、処遇改善交付金の提出資料が異なっていると連絡があったのだ。期間が、実績が22年4月からだと思って作成したのが、間違っていて5月から23年4月までだったのだ。ひと月違っていたので、修正しないと行けなくなった。
昨日から少しは遣り始めようと思ったが、気持ちが重くて全く出来ない。かなりの時間が必要になるので、集中しないと駄目なのだ。気持ちを何とか上向きに持って行き、始めたが1時間ほどでリタイヤ。腹痛がしてどうしようもなかったのだ。帰宅して、トイレに駆け込んだ。
 そのまま布団の横になって、ボーっとしていた。しかし、4時過ぎからは、先日うまく行った認知症の妻に対する、除霊まがいの2度目の約束がある。NPOの完全ボランティアなので、動くのは私とNPO法人常任理事の智子さんしか居ない。
彼女から
「自宅に向かいます。」
との連絡を貰って、準備して、全盲のマッサージ師を迎えに行った。
彼もまた、NPOの会員で快く引き受けてくれた。だた、認知症を妻に持つ夫の寝たきりをどうにかして欲しいと思って、医師のマッサージ依頼書を貰っていた。
「何度もマッサージをして貰いたい。」
と言って置きながら、訪問した途端キャンセル。
その後、来て欲しいと何度も言っていたが、行くとまた寝たふり。全く無視して、認知症の妻に対して2度目の除霊とマッサージを行った。
 先日は、夜間8時頃から連日深夜に及ぶ不穏な言動が、除霊を行った日の夜は穏やかに眠っていたという。奇跡が起こったのだ。しかし、それ以外の日は全く変わることなく、不穏さが続いている。
今日も、気持ちが良いと言って、喜んでくれた。これがうまく行けば、多く入れて精神の安定を求めて行こうと思っている。
 気落ちしている私を、何とかしようとしているのは分かる。NPO法人常勤理事智子さんから、喫茶を誘われて1時間ほど行った。これからの人生をどうするかが、彼女にとって最大の問題だ。
法人の事業として加えたい結婚相談所に情報収集で彼女を登録させた。これまで数人の彼女を求める男性が現れたが、何れも写真と情報の段階で断りを入れた。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報