お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3975)立志伝敢闘編
18/02/22
2011年(平成23年)6月中旬。
 間断なく社員の20日〆の勤務実績が報告される。25人に膨らんだ正社員の支払いが大変だ。振り込み手数料が掛からないATM操作による限度額がある。振り込め詐欺が頻発したので、段々と限度額を引き下げて来た。
今月から、ひとつの通帳で1日100万円までだ。ひと月25名の社員への振り込み金額が800万円を超えるので、2通帳あるので4日必要となる。色々うるさくなって、銀行は三菱東京UFJと決まっているので通帳を増やす事が出来ない。
そして、節税対策として色々な先払いを行っているので、ブランド名の通帳を使用せずに法人名の通帳を使用して支払う。その限度額は500万円までだ。
 昨日は、5か所の事務所1年分家賃を先払いした。今日は、12月までの研修資料代前払いで200万円近くに達した。バイクの2台注文35万円、NPOへ講師派遣料50万円、社会保険労務士への年間顧問料として35万円など分かるモノは年間分を支払う。
この事務所の経費も今月は各事務所分を賄っているので既に200万円を使っている。そのほか、各事務所で必要な物など買い替えの必要な物をピックアップさせて、仮払いで処理している。
労働者災害補償保険の年払いの納付書が来た。昨年より50万円増えて150万円に達した。それだけ、多くの社員を増やして年俸も上げて来たのだ。
 そのほか、まだ金額が確定していないものがシステム事業部の設備投資額が100万円近く。自動車保険、社員の傷害保険などの民間の保険料も100万円近く行く、SEのコンサルタントとして当社から派遣している息子のステップアップの為のIT設備投資に100万円程度見込んでいる。
社会保険料は月末引落で200万円は掛かる。アルバイトを2名常勤並みに処遇しているので、その支払いも月末にをする。
 それらの請求内容が確定するたびに、銀行と事務所を往復していた。汗が滝のように流れて、何度も部屋に戻ってシャワーを浴びて下着を替えていたのだが、切りが無いので仙台の旅行中に先輩に貰った仙台四朗のTシャツを途中から着て出勤した。
涼しい。日本人は堅苦し過ぎる。余り崩れても駄目だが、少しは涼しい格好になっても良いんじゃないだろうか。
 事務所は未だにクーラーを点けずにいる。来る者来る者が、汗を掻いて苦しいと言って、足早に出て行く。しかし、NPO法人常勤理事の智子さんが出勤している時には、事務所もクーラーを入れる。彼女も
 「苦しくて頭が痛い。」
 と、言って小さな扇風機を掛けるのだ。
 可哀そうだから、クーラーを入れる。私の方は、隣のCSのATMや郵便局に何度も行くので、涼む事が出来るのだ。介護の方は、雨と暑さをしのぐグッズは限られている。何かアイデアがあれば対応するのだが、出来る事は対応したと思う。
 部屋を出て、出掛けようとすると階段を上がって来る美しい方が居た。なんと、当社から出向している介護施設職員だ。
 「今行こうと思っていたんです。」
 「何か用事がある?」
 「ハワイに行って来たんです。お土産を買って来ました。」
 「格好イイ、でも全く焼けて居ないな。」
 「曇りで天気が悪かったんです。」
 「格好悪いな。」
 彼女は人一倍色が白くて、その白さが少しも変わって居なかった。
我慢強く苦労していて美人と来ている。結婚願望が強く、積極的に動いているのだが、動くだけ自分から言い出せない性格らしくて、何とかしたいと思っているし何とかしてと言って来る。
 私のマンションの部屋が埃だらけで、エアコンを点ける事が出来ない。埃が舞ってしまうからだ。しかし、先日、プラズマクラスターと空気清浄機を設置した。かなり快適な生活をしていたのだが、この暑さに参って部屋の表面だけだが、埃りを小型強力掃除機で吸い取って万年床の上も勿論掃除機を掛けた。
出る時に、クーラーを掛けて来た。不在の長時間の間に、誇りを舞わせてプラズマクラスターと空気清浄機で吸い取ってくれる筈だと思ったのだ。戻って来て、快適な状態で本当に驚いた。涼しくて、慣れると節電に成らない1日中掛けっ放しで問題だが、申し訳ない。  大量に溜まった洗濯物を持ってコインランドリーに行った。シーツも夏用に代えて、タオルジャケットも替えた。しかし、夕食時にトマトを丸かじりした途端、汁と種が飛んでしまって初日に汚してしまった。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報