お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3914)立志伝敢闘編
18/01/13
2011年(平成23年)5月上旬。
とん挫したデイサービス進出案。いや、その斡旋業者を通すのを止めただけで、進出を諦めた訳じゃない。何かないかと、朝から考えていた。いつも、新規事業などにお世話になっている自動車メーカーのファクタリング子会社担当者に相談しようかと迷っていると、何と、彼から電話が入った。
 「あのデイサービス事業計画は、進んでいるんですか。」
 「いや、それがお恥ずかしい。あなたに連絡して相談しようと思っていたところです。実は、斡旋業者の提示した契約書が契約書として全く成り立たないいかがわしい内容だと顧問弁護士から、止めるように指示されました。社会保険労務士からも、期間的に問題があるので助成金の対象に成らないかもしれないとか、税理士からも経費の対象に成る金額はごくわずかだとか、全ての顧問から拒否されました。また、先日、お伺いした時に貴方に指摘された、損が出た時の負担が当社だけという代理運営契約に対してクレームを付けると、ある一定金額以上は自分達が負うなどと契約書に記載されていない事を突然言い始めたり、いい加減なモノだと実感しました。」
 「最初聞いた時に、不安だったのですが、佐藤さんは突っ走る方なので言っても聞き入れてくれないかと思って余り強く言いませんでした。」
 「処で、何か良い情報は有りませんか。」
 「いつも心掛けているんですが、何しろお宅の近くでの話が中々無いもので。必ず、近くの物件がありましたらご連絡します。」
 そんな感じで、すがった相手にも妙案が無かった。
 とにかく、時間が無い。もう少しで決算時期が来てチャンスは終わってしまう。
 認知症の妻への対応に万策尽きたので、入所でもグループホームを考えようかと思って来た。少し、金銭的な負担が大きいが、現在の状態では仕方が無い。
カンファレンスを開催して、方向性を話し合いみんなの居る前で認知症を妻に持つ夫の意思を確認して貰う事にした。何しろ、突然知らないと言い出す夫だから慎重にも慎重を期さないと、自分の資格にも影響を及ぼすことに成る。
 資格と言えば、朝一番で、高学歴を鼻に掛けている研修センター事務所の男性社員が来た。
 「私のミスで大変な事をしてしまいました。」
 という言葉から始まった報告を聞き、唖然とした。
 介護職員基礎研修の授業の中で、家事サービスの科目がある。その講師担当者で有ったお局様筆頭サービス提供責任者がバイク事故を起こした。講師を変更して、ケアマネジャーの資格を持っている看護師さんに頼んだようだ。
それを、実績報告段階で分かったという。しかし、依頼する時に資格を確認するのであって、実績報告段階では確認する訳が無い。私が思うに、確信犯だと感じている。何でも、適当にやる人間で常にその性格に対して忠告をしていた。
例えば、もう1年にも成るが、認知症ケア専門士の受験対策講座に社員などが受講していた。また、その後の介護福祉士受験対策講座も同じだ。その受講料は、安価な金額に成っている。
 ところが、その集金をしていない。何度言ってもしていない。ついに1年を数えた。彼がどのように社員に調子の良い事を言ったのか不明だ。自分勝手に金額を替えたり、約束したりして、業務命令を無視する輩だ。
手抜きや勝手にいい加減に解釈する奴なので、危険人物である事は自覚していたのだが、人材が居ないのだ。多くの講師が居たのだが、自分が気に入らない講師は段々と依頼し無くなった。
それが、こんな形に現れるのだ。偏っていて、その偏った方向に入る講師に安易に頼んだのだ。しかし、その講師をする実績や資格が無い方に、依頼したのでは違反に成る。
 当然、私がいつも言って言る
 「違反だけはするな、取り返しのつかない事に成る。」
 と言う言葉を無視していたのだろう。
 「役所に報告したのですが、担当者の一存ではどう処置するのか分からないと、言われ後日沙汰があると思います。」
 本当にどうしようもない。
 その時にも、
 「定年を迎えるガイドヘルパー研修講師のお局様筆頭サービス提供責任者を徐々に講師から外し、新たな講師を見つけるように。」
 との指示をしたのだが、抵抗をするような発言がずっと続いているので、
 「それほどお局様筆頭サービス提供責任者を外すのを嫌がるなら、お前とお局様筆頭サービス提供責任者で講座を開催したらいい。うちと関係なく、好きにしてやったらいい。」
 「とんでも有りません。」
 などと、慌てて言っていたが、説得するとか理解して貰うなど無駄な時間だ。
 私が講習を担当していた時には、もう何年も前までだったが問題を起こした事が無かった。どうして慎重に物事を進める事が出来ないのだろうか。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報