お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3642)立志伝敢闘編
17/07/28
2011年(平成23年)1月中旬。
 11時半に、新たに出来たビジネスパークの超高層ビル群の一角にあるオフィスに入った。
 朝は、10時にどうしてもという事で福祉用具レンタルの提供を受けている、自動車メーカーの系列担当者と会った。その前の時間に、処遇改善交付金等の関係書類の完成を試みていた。
後は確認しながら、代表者印を押印するだけだった。しかし、内容を見てみると、抜けていたり間違っていたり、加える項目があったりして、修正、代表社印の押し直しがあり手間取った。その修正の最中に、訪問を受けた。
10時より十数分前に来てくれて、30分程度の話しで帰って行った。出発時間の10時半に、NPO法人常勤理事の智子さんが車で事務所下に迎えに来た。しかし、まだ終わらないので少し待って貰って、急いで仕上げて役所宛ての封書にした。
 到着は予定より30分近く前だった。暫く駐車場を探して、徒歩10分程度の指定された高層ビルの中に入った。今回採用した、大手電器メーカーの社員だった高齢の部類に入る彼のお陰で新たな事業展開に扉を開く方に会えるのだ。
彼は、来月で70歳を数える。何度もハローワークで念押しされたが、一般の社員と同じ給与水準で契約した。その目論見は、勿論後ろに付いている大手電器メーカー松下のOBや事業だ。その目論見に従って、新年早々新たな動きをしている。その何れもが、将来を明るいものにしているのだ。
 今日は、その大手電器メーカーが、退職者を中心とした人材紹介や派遣事業を行っている事業所の責任者にご挨拶に来た。その派遣する人材は不足している。それはスキルアップをしないからだ。
そのスキルアップに一役買えないだろうかと、真剣に思っていた。つまり、当社で人材派遣要員に対して介護関係の教育を行う。その者を、派遣する事によって、その派遣業者は収益を確保する。
全国展開するその人材派遣事業所との連携が出来れば、先日自動車メーカーが間に入った高齢者優良賃貸住宅関係の人材教育と派遣が展開できる。そんな目論見もあった。
 11時半に待ち合わせしたのは、食事の時間帯であれば、ビジネスパーク内の食事何処は沢山のビジネスマンで、食事を逃す恐れがあるのと、どう攻めて行くか戦略の打ち合わせをしたかったのだ。
落ち着くところを探して、和食の良さそうな店に入った。100席もあろうかという店内は、既にごった返していた。数十分待って、店内に入り2400円の鰻懐石を3人で食べた。食後のコーヒーを頂き充分な打ち合わせで、16階の事務所に入った。
若い綺麗な、本当に綺麗な女性が本社部長で、少し若い男性が部下で立ち会った。
 前社長の口利きもあり、トントン拍子に話は進んだ。また、その同行の、新規採用の高齢な男性社員が、その二人とも以前から面識があり、それも功を奏した。提携に向けて、話が進み、取り敢えず試験的な業務として4月から依頼を受けているという、病院向けの看護助手10名の手当の要請があった。また、当社の研修会場を見学に来るということとなった。
 1時間程度の話し合いは、和やかに進んで、結果を得られたような感じになった。
 「まだ、始まった訳ではないので、安心しては駄目です。」
 と、有頂天になっている私を高齢社員は諌めた。
 戻って、出来るだけ業務をこなした。
 5時半から、今度の日曜日に行う婚活パーティーの打ち合わせがあると、幹事の一人に成っているNPO法人常勤理事の智子さんが出掛けた。私は一人で事務所にて仕事をし、用事があってその打ち合わせ会場となっている隣のマンションの介護事務所に行った。
これまで、クリスマス会で燃え尽きたのか
 「もう結構です。」 
 と、このような感じを拒否していた社員が何人か顔を見せていた。
どういう訳か分からないが、あれほど、休日出勤だとか残業だとか金銭にこだわっていた筈の社員も、幹事の名簿に入っていた。
お局様筆頭サービス提供責任者が、メインの幹事だが
 「みんな若い子らが、ボランティアで手伝うと言ってくれて。」
 と、言っていたが、本心か。
 圧力を掛けられていたのかもしれないと、心配になった。そのお局様筆頭サービス提供責任者は、交通事故に遭ってから初めて会う。唇にその痕跡があり、腕を吊っていて
 「痛いです。」
 そう言っていたが、声は至って元気だったので、それほどの同情心は湧かなかった。
 10時過ぎまで詰めていたようだが、クリスマス会幹事から始まって、色んな動きを把握できてそれぞれの人間模様を垣間見た。
 この組織はモザイクの様な砂上の楼閣に似た、建造物の様な感じを受けた。自分が、この組織から離れ易いと思った期間だった。私が社員を思うのを受けてはくれないような、表面的な付き合いを強要しているような感じを受けた。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報