お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3610)立志伝敢闘編
17/07/12
2011年(平成23年)1月2日。
 風は少し冷たかったが、穏やかな日差しで初詣日和だった。最近は、どこか著名な神社に行くのだが、今年は少し控え目に初めての神社に詣でた。それでも、浄瑠璃の舞台になったような神社だったので人ではまあまあだった。
今年で11回目を迎えたこの地での新年。これまで振り返ると、
2000年元日は、自宅の大宮で迎えたが直ぐにこの大阪に出て来た。
2001年元日は、何とか自宅大宮に戻ったが、翌日にとんぼ返りで直ぐ仕事。まだ、仕事も多くは無かったからで来た帰省だった。
2002年元日は、独立して初めて迎えたお正月でもあり、ここに留まって初詣客で全国ベストテンに入る、平安神宮、下賀茂神社、伊勢神宮、大阪天満宮の4か所を詣でた。
2003年元日は、ケアに出ていた。
2004年元日は、午後から大宮に帰省した。
2005年と2006年元日はケアに出ていた。
2007年元日は、自室で過ごす。
2008年元日は、伊豆への家族旅行から戻って来て自室で過ごす。
2009年元日は、同じく家族旅行の静岡から自室に戻る。
2010年元日は、前年末に病院を退院して自室で過ごす。
2011年元日は、初詣に出る。
 そんな調子で、今年は迎えた。
 特別な問題も無く、最近では珍しく穏やかな元日を過ごした。
そういえば、思い返すと、毎年、初詣を必ずして破魔矢や福矢を購入して事務所や自室に飾る。しかし、必ず何かが起きて苦労する年を送る。
 ところが、一昨年は大病で昨年のお正月はどこにも行けずに静かに部屋で過ごしていた。その年、つまり昨年は毎年起こるような大きな問題は無く、逆に売り上げなど業績は大きな結果を残した。
やはり、いつも薄々感じていたのだが、お参りをしなければ結果が良い方向に向かうような気がしていたのだが、昨年止むに止まれずそんな事で行けなかったが、結果的には感じていた通りになった。
そう思っても、やはり病が癒えたので今年も初詣に行った。その代わり、いつもと違って穏やかな位置に居る神社に参拝した。
 例年通り、破魔矢を購入しておみくじを買った。おみくじは、「末吉」だった。いつもそんなものだから、それほど気にしていない。それよりも、年末に仙台は青葉城にある護国神社を参拝した折に、沢山の御守りと絵馬を買って持って来た。
今年は事務所に、その買って来たものを安置する積りだ。
 参拝は、NPO法人常勤理事の智子さんと一緒に行ったが、今年は彼女の婚活を祈願した。昨年、かなり力を入れて積極的に活動した。会社の婚活事業を学ぶために、実際の登録を大手婚活会社にさせて、交際申し込みが2人来たが、まだ会っていない。紹介は、一月半で30人くらい来たが、データだけで気に入った者は数人くらいだ。それでも、何とかしたいので、仙台の護国神社で婚活の御守りを買って来て、あげた。
是非、何とか今年中には目星だけでもつけてあげたいと思う。
 帰りに、何年も前に行った事のある、梅田の街の中心部にあるお寿司屋さんに寄った。大きなネタとシャリで美味しく頂いたが、お腹も一杯になってしまった。夜の食事は無くした。
事務所に寄ると沢山の年賀状が来ていた。私は毎年、200枚程度の年賀状を印刷して貰うが、ここ数年全く書けない。今年も、移動中に書こうと思って、仙台に行く際に名簿や名刺と年賀状を持って出た。全く書く意欲も時間も無く、新幹線の中では眠ってばかり。何も書かずに、白紙のまま戻って来た。
 大宮の自宅から、連絡があり何人かの年賀状が届いたと言う。返事だけは書こうと思っている。思っているだけで、今年も何もしないで終わる事になると思う。
 仙台から、限定品の「大吟醸浦霞」を送ったが、事務所にから年末に届いたと返事がった。お正月に飲むと言っていたが、二人だけ問題の社員がいる。いずれも女性だが、20代と40代だ。お酒を飲むために、普段の食事をかなり制限している。その為に、やせ細っている。
酒を浴びるように飲むので、宴会では気を使う。その為に、メールで管理者にその者達には、
 「勿体ないので、水で薄めて呑ませるように。」
 そう送ってあったが、どうなっただろう。
 一人でのお正月は慣れているが、何となく侘しい。これからも、いつまで続くのだろうか。それでも、今回故郷仙台に戻って、美味しい物を頂いて街の中を歩いて、やっぱり老後に住むのは仙台だと思った。いつになる事やら。
 今年も、穏やかな年でありますように。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報