お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3573)立志伝敢闘編
17/06/23
2010年(平成22年)12月中旬。
昼に戻って食事をする。
先ほど頼んだデイサービスから連絡があり、
 「最初のお試しのお願いを13日にお願いしたのですが、12日に変更可能でしょうか。」
 諒解して、12日お願いしていた他のデイサービスを13日変更して貰った。
そのたびに、訪問介護のスケジュール変更で管理者へ連絡。昼食を摂って、資料を作成してショートステイに出掛けた。直ぐに終わると思ったのだが、長い長い。1時間も足止めを食ってしまった。それでも、受け入れてくれるので愛想よく話をした。
 「お話しをお聞きして、私が対応している困難利用者で最高の部類に属します。市が対応してくれないんですか。」
 「地域包括支援センターも、市役所も相談をしていますが、回答が無い。つまり、聞くだけで何の対応もしてくれない。」
 「家族が居るのに全く対応してくれない、認知症の妻と脳血管障害で入院している夫しかいない世帯だったら、当然市が出て来ないと処理が出来ないですよね。重い責任が被って来ますよね。奈良県までかなりの回数行き来きして、金銭がどうのこうのと言われて、休みの日もこのように出て来て、我儘な夫から給与貰わないと。」
 そう言われても、何の慰めもならない。
 次に、暗くなった道を宿泊出来るデイサービスに向かった。施設長を訪ねて行ったが、職員が
 「出掛けていて、戻るのが何時になるか分からないのです。」
 そう返事があったので、書類を預けて戻った。
 戻り始めると、その責任者から電話があったが出られなかったので、後から気付き留守番電話を聞いた。
 『おいで頂いたデイサービスとは違う、新たに出来たデイサービスが宿泊出来るデイサービスです。」
 と言って、住所を言ってくれた。
私は間違って、同じ市の住所だったので、細かいところまで確認して居なかった。それにしても、それでは、あの職員の対応の言葉はどういう事か。まあ、いいか。受け入れてくれるのだから。
直ぐに折り返し電話したが、今度は相手が出なくて留守番電話に入れた。
 移動した近くの新たに出来た、業務スーパーを見学した。目的はもつ煮込みソースを購入したのだが、この地区にはもつは売って居ない。いくら探しても、肉屋に行っても無い。似たような「しまちょう」という名称のものがあるが、似て非なるものだ。
ここならあるだろうと思って入った。野菜や魚は安い。でも大量に買いだめしてあって、処理が困るので買えない。やっと「もつ」を見つけたが、もつ煮込み用として綺麗な袋に入って、物凄く高い。それでも、200g238円のを二袋買った。
缶詰は安くて、魚の缶詰を沢山買った。あとは、パッケージが有名メーカーの物と似ていて安くても、有名メーカーのものではないので、どんなものが良く知っているので止めた。以前、よく妻と毎週日曜日に買い出しに行って、そんな物を買って来たが味がおかしかった。
 あれから、私の生活は変わった。しかし、妻の生活は変わらない。だから、家に帰っても食事には違和感があるのだ。今年の年末は、いつも行く家族旅行に
「どこにも行かない。」
と言われたので、私一人で仙台に行く事にした。
その帰りに、埼玉の自宅に寄ろうと思っている。
 事務所に戻りながら、ケア日程の変更連絡を介護管理者にした。その時、介護管理者は、ショートステイから戻った認知症の妻を連れて夫の入院先に行っていた。
 「夫が勝手に民生委員のYさんを病院に呼んで、妻の行くところが無いからどこか探してくれって言っていました。」
 「本当に、自分で妹に頼むとか言っていて嘘をついて、やっと入れるところが見つかった。本当に、施設に入ることを決めてくれれば簡単なのに。民生委員に昨日も電話したようで、新人ケアマネジャーが何にもしていないような事を言われたみたいで、怒っていた。こんな我儘な夫なんて俺だって関わりたくない。また、民生委員に連絡したんだな。」
 「自分で呼んで置きながら、民生委員に向かってあんた誰ですかなんて言っていました。」
 「民生委員なんて何の役にも立たない。名誉職だから、専門的な事を知らないくせに、偉そうに口だけ出すバカ者も居る。口を出すなら、自分ですればいいんだ。」
 「昨日言われたから、民生委員も、ケアマネジャーさんが一生懸命に探してくれるから、と言っていました。」
 そんな報告を受けて、少しは民生委員への怒りが収まった。
 これから、そんな奴が市役所などに何かを言って、それで大げさに騒ぎ始める事になる。
 一日中、この事で振り回されて、でもそれが仕事なのだから仕方が無い。もう少し、身を入れて仕事をすれば解決は案外簡単なのに、手を抜こうとして問題が大きくなったのかなと反省。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報