お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3529)立志伝敢闘編
17/05/30
2010年(平成22年)11月中旬。
 車に戻ると、もう1時間も話をしていた事に気付いた。介護サービス提供責任者から、代表者印を契約書に押印して欲しいとの要請があり、本来は役所に向かいたかったが、事務所に戻る事にした。
ただ、
「そのほかの報告もあります。」
と言われたが、
「5分だけ。」
との指定をした。
NPO法人常勤理事の智子さんに、12時半までに出掛ける準備を依頼した。戻ると、契約書への押印件とヘルパーさんへの支払いの件の話があった。時間が無いので、上の空で返事をしていた。
それが終わると、まだ、NPO法人常勤理事の智子さんが来ないので
 「クリスマス会の事で少し話がある。時間が無いとかで、先日決めたイベントを取りやめたり、時間を延ばしたりする事にしているようだが、それは本当か。」
 「時系列を追って行くと、9時終了なのですが10時半とか11時とかになってしまうんです。」
 「そんなバカな話は無いだろう。30分ずつ10ブロックになる事になっているのに、時間がオーバーするなんて考えられない。何を考えている。」
 「挨拶とか、全員で写真撮影に時間が掛かると思います。」
 「自分達と関係が無いだろう。自分達が言われている事は、30分ずつのイベントをどうやって時間内で収めるかを考えるようにと言った筈だ。それが、机上の上で、時間が足りないとかこれは駄目だとか取り止めるとか。訳が分からない。いいか、時間が決まっているものに対して、どうすれば時間内に収めるかが大事な事だと言った筈だ。ケアだってそうだろう。1時間のプランがあるのに対して、出来ないからと言って1時間半に勝手に延ばしたり、1時間でしなければならない業務のうち時間が無いからおむつ交換はしませんでした、という事が通用するのか。それが、その感覚が、管理者たちとの意識の違いだ。自分が主体じゃないんだぞ。自分の都合で、勝手に変えるな。決められたものを、どうやったら時間内の収めるかを考えて欲しい。」
 「それでも、全員で写真を最後に写す事になっていますが、並ぶだけで相当な時間が掛かります。それに、最初と最後の挨拶の時間もあり・・・」
 「まて、それは自分達が考える事か。誰が挨拶するんだ。5分とか勝手に決めているが、誰が5分も話が出来るんだ。それに、並ぶのに相当な時間とか言うが、それも自分達に関係があるのか。自分達が何をするのか決めたはずだ。30分ごとのイベントの進行をどうするかを決めるんだろう。本社の担当する4ブロックまで、勝手に無くすとか内容まで決めてしまっている。本社は既に、他のイベントに差し替えることを決めているし、他の事業所の担当まで口出しをするな。自分達は、如何に進行をスムーズにするかを考えろ、何も目立つ事だけではなく、次のイベントの参加者が邪魔にならないように、廊下に集めて待機させてロスタイムを無くす。そんな間延びしたスケジュールを立てて、時間が余ったらどうするんだ。」
 「常勤だけ、カラオケのリクエストを取って置いて、時間が空いたら歌って繋いで貰おうかと思っています。」
 「何を考えているんだ。そんなの、何の盛り上げにも成らない。如何に時間通り進行するかを考えろ。それが、次の婚活パーティーの事業運営に繋がる。」
 そう言っていると、NPO法人常勤理事の智子さんから電話があり車の準備が出来たというので、話を打ち切って出発した。
 府庁に到着すると、斡旋をお願いした議員の所属する政党控室に行った。すでに、役所の説明をする職員が3名待っていた。名刺を交換して、今日の趣旨を告げた。公営住宅の福祉目的の借り入れに対する措置を聞きたかったのだ。
その内容は、介護保険法、児童福祉法、老人福祉法、自立支援法など多岐に亘っており、それぞれの部署で担当者が異なる事を、改めて知った。公営住宅の関係部署ではなく、それぞれの運営部署から入って行き、その条件に見合う住宅を探すのが順序だと知った。
でも来られている担当者が、それに見合う部署を案内紹介すると、連れて行ってくれた。
 全て終わって、時計を見ると3時を過ぎていた。2時間も、説明を聞く事が出来て、難しいという事は分かった。特に、児童福祉法の関係は資格を所持した人員の問題がある。また、面積の問題があり
「現実的には住宅がそれに見合うだけのものが見当たらない。」
というのだ。
現実の厳しさを知った。
 帰りに、歩数確保のために近くの大阪城に行った。30分ほど歩いたが、直ぐに暗くなった。帰り道、昨日お願いした公共施設に隣接している軽食喫茶店を貸してくれるよう教育委員会に申し込んだ件で、返事が来た。
 「既に6年間公募しましたが、応募者が無く来年4月から自動販売機の設置が決まりました。」
 条件が、5年食事処の店舗運営の経験と、実際に現在もう一店舗運営して居る事があったので、私が何度申し込んでも門前払いだった。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報