お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3492)立志伝敢闘編
17/05/12
2010年(平成22年)11月上旬。
昨日、職業訓練の講師を終えてスーパー銭湯に向かう途中で突然アイデアが浮かんだ。そうだ、クリスマス会をしよう。この地に来て、全く盛り上がらないクリスマスの季節。
いや、いつでも暗い感じでパァっと騒ぐ事も無い。そんな席を幾ら設定しても、そのような育ち方や環境に居たのか、我慢はするが騒ぐ事は余り無い。酒も飲まず、宴席の2次会もほとんどせず。確かに、真面目で信頼がある社員ばかりなのだが、折角何かを設定してもこじんまりしてしまう。
そんな思いに、ずっと浸って居た。今年は、大きく利益を上げる。そのほんの一部を使って遣ろうと決めた。その思いを、今日の朝次々訪問して来た30代の若手社員に打ち明けた。勿論、昨日のうちにNPO常勤理事の智子さんには話しをしている。
彼女の場合、特に控え目で内気で弾ける事が無い。だから、一応は
 「みんな、喜ぶんじゃないですか。」
 と、賛意を示しても、表面だけかもしれない。
続けて
 「お付き合いする人が出来て、誘われたら行けないかも知れない。」
 「クリスマスを一緒に過ごしてくれませんかと言われて?」
 「どうなるか分からないけれど、そうなるかも知れない。」
 と、予防線を張る。
 今日朝一番に来たのは、いつも宴席のまとめ役を買って出ているキラキラ目の玉緒ちゃん。意気込んで、
 「クリスマス会をしようと思う。派手にパッと。どう思う。」
 「いつですか?」
 余り喜んでいる様子も無い。
私の想定では、大げさに喜ぶ筈なのだが。やはり、クリスマスなどそのような宗教的なお祭りは関係ないんだろうか。確かに、東京に居た時には派手にジングルベルのサウンドに乗って自分までウキウキしていたが、ここでは全く何も無い。
飾り付けの一つも無く、その商戦も無い。
 「それで、いつ頃が良いかアンケートを取ってホテルを予約しようと思う。」
 「それじゃ、みんなに聞いてみます。」
 そのような、冷めたような感じで、部屋を出て行った。
 続いて来たのは、期待の若手で次の時代の責任者として社員が勝手にアンケートを取った時にトップ当選した彼女だ。
それが、今度のケアマネジャー試験を会場にも行かず棄権した痛恨事を残した彼女だ。介護タクシーの関係で打ち合わせに来た。その時に、同じような事を言った。何かピンと来ないのか。想像が出来ないようだ。
それでも、なんとなくイメージが出来たようで、
 「お手伝いする事があったら、します。」
 と、少しは喜び、多くの戸惑いがあったようだ。
 次に来たのは、待たせた新人ケアマネジャーの宏美さんだ。
 色んな多くの問題を打ち合わせに来たのだ。まず、
 「予防介護担当数が、二人分満杯になりました。16名ピッタリになって、新たに来た依頼を断りました。」 
 「何をばかな事をした。なぜ事前に相談してくれない。」
 「でも、どうしようもないでしょう。」
 「何を言っているんだ。お願いする方が居る。大丈夫だから、断った地域包括支援センターに、登録する介護支援専門員が見つかったので、断った方の分を引き受けると連絡しなさい。俺は、ケアマネジャーに連絡して登録をお願いする。」
 そう言って、両方とも連絡した。両方とも、了解を貰った。
 そのほか、沢山の報告や相談があったが、早く終わらせてクリスマス会の話しをしたかった。
やっと、長い相談が終わり
 「実はな、クリスマス会を遣ろうと思っている。来年の10周年記念の予行演習を兼ねて、まだ内容は決めていないが、みんながオーケーしたらこれから運営委員を選抜して企画をして貰う積りだ。やるとしたら、いつが良いか。」
 「私的には、家族も呼んでいいならやっぱり日曜日かな。」
 「いつものホテルでは、クリスマスディナーショーが25日に歌手が来て遣るようなので、大広間は使えない。それ以外いつ空いているかホテルに確認しようと思う。立ち席だったら350名収容で席を設けるなら180名収容可能だ。ヘルパーさん全部と社員の家族など加えたらそのくらいになると思う。企画もカラオケだったら、演歌部門とかニューミュジック部門、ポップス、子供などに分けて、審査員は子供にして貰うとか、みんなが簡単に参加出来るゲームとか、とにかく全員が参加出来るイベントするから。豪華賞品や景品を用意する。時間的には4時間から5時間程度。夕方から夜9時には終わるようにしたい。」
 段々と、話す相手が変わるたびに付け加えられる内容。
 気付くと、11時になって居た。この日、認知症の妻を持つ介護者でもある利用者が入院している記念病院の医事相談室に、これからの転院などの相談をするために、呼ばれていた。事務所を出たのが約束の11時だったので、遅れて到着した。その分、待たされた。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報