お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3491)立志伝敢闘編
17/05/11
2010年(平成22年)11月1日。
認知症を妻に持つ夫が脳内出血で緊急入院。妻は、ショートステイに預けられる。問題は、緊急事態を脱した夫の転院又入所先だ。その話を医師から受けて、疎遠になっており特殊な関係にある息子に承諾を貰わないと行けないという事になった。
当社の、ヘルパーが認知症の妻に付き添って自宅で宿泊している時に、勝手に親族に夫の病状を伝えてしまった事から息子が態度を益々硬化させてしまった。関わりたくない、特に金銭的な関わりが生じるような接触は絶対拒否姿勢で、私が説得しても中々医師との話し合いをする姿勢は無かった。
 やっと、粘り強い説得に
「医師のからの電話だったら受ける。」
という事になり、その指定する時間を書いたメモを昨日病院を訪問して、医師に渡して貰えるよう看護師さんに依頼した。
その返事が多分、来たのだ。それも、同時に来てしまったので、電波の強い方が最初に着信した息子の携帯電話を押しのけて、記念病院の固定電話の医師からの電話が受信できる事になった。
 「息子さんに、電話を掛けたんですが30秒くらいしか話が出来ずに、切ってしまわれて。」
 そう言って、主治医や私が勧めるリハビリテーション病院に行く事になった。
私が、事前に説明をしていたので、
「それは聞いているのでそのようにして下さい。」
と返事をしたようだ。
また、希望として妻と夫をつまり、
「両親を離して下さい。」
という事を言ったようだ。
そうしないと、妻が駄目になると。
 その話を聞いた直後、再び、息子から電話があった。私が事前に話した通りの返答をしていたとの事で、直ぐに切った。自分から掛けて来る時には、短時間で用件だけ話をして切ってしまう。
長くなりそうだったら、一旦切って私に掛けさせる。そんな事でも、大変だなと思うので、色んな事の関わりを持ちたくないという気持ちは理解できるのだ。
 ゆっくりと畳の部屋で休んだ。その部屋に他には子供を二人連れていた母親が、いるだけだった。部屋に入ると、いつもあった籐製の枕が無い。中を見渡すと、ハイハイ歩きの赤ちゃんを遊ばせるのにその母親が、全部集めて自分の処に置き赤ちゃんに遊ばせていた。
もう一人の、その上の女の子が居たが、その小学校前の女の子に向かって母親が怒鳴る。
 「ゲタ箱を見て来い。お金を忘れてあるかも知れないから。」
 つまり、下駄箱に靴を入れるのに百円玉を入れて鍵を掛ける。
帰る時に、鍵で開けるとお金が戻って来る。そのお金を取り忘れている奴が居るから、見て来いという訳だ。そのゲタ箱には、いつも何人かがウロウロして同じような行動をしている。まだ、就学前のしかも女の子にそんな事をさせるのかと思っていた。
そうすると、その女の子は、いつものようにねっ転がって居が起きて走って行った。暫くして戻って来たが、戦利品は無かったようだ。そうすると、今度は、ハイハイ歩きの赤ちゃんが、私が飲んで傍に置いたペットボトルをめがけてハイハイして来た。
 ボトルに手を掛けるが、掴めない。やっと、その母親が子供怒鳴って足を引っ張って戻す。そんな行為を何度も繰り返していた。私はというと、いいですよ上げますよと言いたかったが、子供にとってそれが当り前だと思ってしまうと問題だと思い、止めた。
 時代が変わってしまったのだ。子供の教育とか育て方とかの基準が変わってしまったのだろうかと思っていた。しかし、今日、講師を頼んだ先生に当社の対応にクレームを言われた。
 「お宅の研修センターの高学歴社員の対応がいい加減で困る。間違ったカリキュラムや、講師料の金額に間違いがあり注意すると、『自分で直して下さい、それが講師料の基本計算になりますので』と、平気な顔して言う。済みませんとか、有難うございますとかそんな常識的な言葉も言えない。」
 そう言われた。時代とかではないのかとも思う。
 育て方が間違っていたのかと。それでも、男性社員の頭痛の種は尽きない。どうしたらいいのかと思う。
 まだゆっくりしようと思い、携帯電話のモバイルでテレビを受信してみたが、面白くない。私が強制的に調査をさせるためにNPO常勤理事の婚活相談登録を心配して、その組織に対する掲示板に色々な書き込みがあるのを見た。
私が推薦した上場会社の相談所は何も問題点が指摘していなかった。迷った、最大登録数を誇るO相談所はかなり問題点を指摘する情報が掲示板に掲載されていた。良かったと思いながら、時間を潰した。
瓢箪から駒で、調査中に取り込まれて、彼女が結婚したとしても会社は辞めないと言うが、遠くの人と結婚したらどうするというと
 「単身赴任です。」
 なんて言うが、その時になったら分からない。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報