お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3394)立志伝敢闘編
17/03/20
2010年(平成22年)9月中旬。
ここ数週間、意識してダイエットをしている。と言っても、少し外食を控えて野菜を多く摂っているだけなのだ。ひと月前に、気付いた時にコルセットを装着してベルトの穴がひとつ前に移動した。
その時に、腹が嫌に膨らんでいるのを実感した。やばいと思って、野菜を摂取し出したのを手始めに外食事に意識するようにした。このまま食べに行っていいのか、行くとしたら和食にするか。和食としても、それほど多く食べないように。
また、夕食時間を早めにしたり、色んな意識の甲斐あって何とか努力の結果が見えるようになった。
 最近、早朝に目覚めるようになった。深夜の2時とか3時とかだ。その時に、携帯電話のニュースとか他の掲示板を見るようになった。私もまだこの仕事が決まる前に、ポリテク埼玉に通った前後に就職関係の掲示板に参加をしていた。
色んな地域の人と知り合って、情報交換をしたり励まし合ったり。その当時に参加していた掲示板は無くなってしまった。当時と悩みや情報的なものは余り変わりがないが、ただ自立しようとしていた人は多かったと思う。
多くの人が、自分で会社を興すとか便利屋を始めるとか何とかして生活を維持したいと思う気持ちが強かったように思う。私もその中にあって、その意識が醸成されて行った。今は、何とか企業に入り込んで自分の居場所を掴もうとしている。
 しかし、今は昔と違って何とかして人を雇って事業を拡大しようとはしていない。いかに安く使って利益を出そうとしている。それほど投資しても、人材となり得ないからだ。無駄なのは分かっているのだが、ある程度人手が必要なので仕方がなく補助金を得たり派遣を使ったり登録者を採用したりしているのだ。
企業も内部留保も底をついて無駄な人員を確保したくないのだ。
 いつものように、出勤した。昨日、サービス提供責任者のキラキラ目の玉緒ちゃんから、
 「月曜日から技術講習が始まるので、登録ヘルパーさんが順次集合して来ます。そこで、8月分の明細書を渡したいのでお願いします。」
 と、言われていた。
 その要望に合わせて、各事業所にデータを求め朝から全登録者の給与計算をした。やっと、計算、明細書の作成、入金明細書、ケア明細書、連絡文書を個々の連絡用ビニール袋に入れて、明日から振り込みを始める一覧表を作成して午前中に終わった。
終わって席に着くと、何と忘れていたものがある。今月から始めた、同行訪問指導者手当を計算に入れるのを忘れたのに気付いた。多くの対象者が居るのだが、これからやり直しする気持が湧かずに謝って来月に入れるか、再度後から入金するかにしようと思いいったん打ち切って部屋に戻った。
 昼食は、即席ラーメンにした。食後に昨日届いたピオーレを数個頂いた。大き過ぎて、いくつも食べられない。
先日、デパート地下で青森から来ていた店からニンニクの梅漬けを買った。二袋購入すると一袋付けてくれた。一袋1500円くらいだったから、一袋1000円になった。ニンニクは好きで、食べ過ぎて胃が痛くなる事もある。
しかし、青森のニンニクは品種が異なって刺激が少なく痛くならないと聞きた。ピオーネを山梨から取り寄せたのだが、一箱4房入って4000円くらいだ。いつもなら、みんなに分けるのだが、ブドウは分けようがない。
社員だけでも20人を超えるので、どうしようもない。一人では多過ぎるので冷凍庫に仕舞うようにした。
 午後は、久しぶりにCDを聞きながら事務処理をした。6時に部屋に戻ってゆったりしていると、インターホンが鳴った。宅急便だ。青森からリンゴが届いた。つがる、だ。数日前に、鳥取から二十世紀梨が届いたので冷蔵庫の野菜室は満杯だ。
二箱頼むと一箱が付いて来るという文句に誘われて頼んだ。一箱に9個入っていたので27個になった。それでも、社員に分けても大した数ではないので、何とか一人で消化しようとしたのだ。そこにつがる、だ。
18個入っていた。やっとの思いで冷蔵庫に入れると、またインターホンが鳴った。何だろうと思ったら、また宅急便だ。
 驚いた事に、昨日来たピオーネだ。余りに遅いので、また頼んでしまったのだろう。以前頼んだのを覚えていないのだ。どうしようか考えている。秋刀魚もいわき漁港に頼んだが届かないので、三陸の陸前高田の漁師に頼んだ。両方同時に来ると200匹になる。社員に分ける事が出来ると頼んだ。
 夜になって、休暇を取っているNPO法人常勤理事智子さんから電話があった。家族の介護に携わっているのだが、当社のケアが大分入っている。利用者の状態が余り良くないし独居なので、家族が交代交代行っている。
その予定が、家族の予定に合わせて大きく変わり長時間になる。長時間なので全部の記録を付けて貰い、介護と自費に分ける作業がある。今週中に定期的になるように現在24時間対応して、利用者の動きを探っている。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報