お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3316)立志伝敢闘編
17/02/09
2010年(平成22年)8月上旬。
「どうでした。」
 「ああ、受講生はそのままで資格の問題はなかった。ただ、俺が全員の修了評価を再度行う事になった。」
 「それでも、責任者というか代表は辞めるんでしょう。」
 「研修のね。」
 「大丈夫ですか。」
 「大丈夫だろう。」
 「元気が無いですね。」
 「気力が無くなっんだ。今まで、こんな問題を起こすと、何とかしようと思って全力を傾けたんだが、今回はどうにでもなれという気持ちが最初からあった。これくらいが潮時かと。もういいと思った。つかれた、10何年だもんな。ゆっくりした記憶が無い。もうゆっくりしたい。この最高の時に辞めたい。」 
 「みんな困るでしょう。社員やヘルパーさんや、その家族を含めて何百人の人が佐藤さんの後ろについているのですから。」
 「そんなことないよ、いざとなればみんな大丈夫だ。」 
 そんな話を、30分ほどした。
 事務所のお局様筆頭サービス提供責任者に連絡した。
 「それは良かったですね。やはり、佐藤さんは仕事をしないと駄目なんです。事務所が替わって暇になったんでしょう。仕事をしろという事です。何とか、続けて貰わないと500人以上の家族が佐藤さんの肩に掛かっているんです。社員は自分の子供だと言っていたじゃないですか。孫も沢山います。みんなの行く末を見守ってくれないと。」
 「そんな事ないよ。」
 その話も15分くらいして、新たな人材確保の話になった。
 実は、先日終わった職業訓練の第1期生の中で、有能な人がいたが年齢が高い。当社の入社の希望があったが、年齢だけの理由で断った。
当社の、社員としての条件は入社時に30代が不文律だ。そうしないと、これからの大きな法改正の中で埋没してしまう。また大半が30代の社員なので浮いてしまう可能性が高い。余分な心配や軋轢を避けるために、泣いて断った。
その彼女は、全国展開する訪問介護事業所の所長と懇意にしているようで、社員即サービス提供責任者の条件で引きがあって面接まで行った。それなのに、断ってやはり当社に来たいと熱望された。
 その熱意にホダされて、実習型雇用の条件を取得する事を条件に面接を認めた。その条件を満たしたのが、この日だった。その彼女が、ハローワークに行くとシャットアウトされたという。
 「7月31日で、掲出期日が切れて更新されていないので紹介は出来ませんと言われました。」
 実は、先週にハローワーク職員が本社に来て
「更新手続きを取ります。」
と言って、その場から手続きを取ってくれた。
それなのにおかしいと、ハローワークに連絡すると、
「手続きミスで受け付けますので、どこの窓口で相談されていますか。事業所番号を教えて下さい。」
と、言われてそのまま彼女に連絡をした。
ところが、午後、再びハローワークに居る彼女から連絡あって、
「同じように断られました。」
と言う。
再びハローワークに連絡した。再度大丈夫だと言うので、現在遣り取りしている経緯を話した。そうしたら、その総合窓口の担当者が
「窓口に連れて行くので。」
と言って名前を告げた。
その名前を彼女に連絡して、事なきを得た。一体どうなっているのだろうか。
 その彼女の部内の争奪戦がもう始まっている。まだ、正式採用が決まった訳ではなく、面接は明日となった。私は、介護の実力があるのでシフトに最初から入れたいと思っている。
この日、夕方介護のサービス提供責任者が来て
「登録さんの給与を教えて下さい。」
と来たが、毎月教えている。
何故かというと、扶養の範囲になる方の調整なのだ。ところが、調整どころか、収入が多くなって来てどうしようもない状態の方が何人も居る。毎月教えているのに、金額を無視して段々と増えて来ているのだ。
本来なら調整して業務を平均化して増やさないようにするの当たり前だ。毎月言っているが、ケアを増やしている。当然、どうしようもない状態になった方が5名ほどいる。その穴埋めに、ハローワークに行っている方を使う積りでいるのだ。
 また、毎日3回対応している利用者には10人ものヘルパーさんが入り、トラブルになっている。しかし、私がケアマネジャーとして担当しているので家族も仕方が無いと諦めていたり、
「ヘルパーさんが暗くて、明るいヘルパーさんをお願いします。」
と、言われてサービスに繋いだのに、ヘルパーさんが居ないと変更出来ずにサービスがキャンセルになる事もあった。
「タバコのにおいが嫌いだから、吸わないヘルパーさんを。」
と、言われても変更出来なかったサービスもあるので、そう言ったクレームにちゃんと対応しきれていないので、法人の管理者として強制的に変更する事にした。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報