お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3220)立志伝敢闘編
16/12/12
2010年(平成22年)6月下旬。
そして、私が何も言わないのに私が言ったようにお局様筆頭サービス提供責任者が言って、問題を引き起こす事や、自分の金銭的な損得を理由に会社のや相手の事も考えずに簡単に行動するこの大阪の人間の言動に、
 「・・・・、呆れ果てたよ。どうしてこの大阪の人間はそんな言動になるんだ。相手の立場に立って物事を考える事が、この介護にも通じるんだ。もう少し、自分の事を犠牲にしてでも相手の立場を思う気持ちにならないのか。」
 と、言ったがやはりこの大阪の人間は利己的な金銭的なものが先に立つらしい。
 その社員が、
 「昨夜の宴席で嘘つきせんとくんが、盛んにサービス残業をさせられているようなことを、みんなに言って居て、何を言っているのかと怒られていました。お局様筆頭サービスて今日責任者は、『みんなが自分の仕事を持っていて、その仕事を終わらせるのに時間を要したからと言って、請求したらどうなるんだ。それぞれの能力は違うし、その為に多くの給与を貰っているし。それでも、超過勤務手当は請求したら出ている。あんたの場合は、全く能力が無く帰れと言われても帰らず勝手に残っていて請求するから言われるんだ』そう言っていました。自分の能力を自覚していないで、みんなからそう言われても、盛んに同じようにサービス残業をさせられていると言い続けていたようです。」
 そんな話を聞いた。
もうあのバカの場合は、半強制的に退職させないとダメだと思うようになった。何をさせてもまともに出来ずに、ケアでも利用者からのクレームで、バカが入るケアがほとんど無くなった。介護タクシーが僅かにあり、1日数百円の収益しかない事がほとんどで、社員として確保しておく必要は何もない。いくら注意しても、そんな事ありませんと否定をするし嘘をつくのが彼にとっては自然の様だ。近いうちに、その方向を示唆する場面があるだろう。
 もう一人の男性高学歴を鼻に掛ける中年男性社員もまた困ったものだった。この日の朝に、銀行に行ったついでに、メールで業務命令を出した。
 1.今月は、236時間の勤務時間に実績に対して、支払いをするが今後事務が伸びたと言って超過勤務する事は認めない。もし、伸びるような業務があるなら、私が対応するので私に引き継いで退社するように。また、今後の業務について、事務処理が非効率で有るようなので見直し、配置転換を含めて来月は対応する。
 2.7月は、嘘つきせんとくんと仕事を分担してどちらか一人の出勤で対応するので、その積りで。
 3.10日前に、空き教室の対応をするように2級ヘルパーの企画をして、募集に全力を尽くすように指示した件について、何をしたのか直ぐに報告するように。
 それを指示して、出掛けた。
日中部屋で仕事をしても出掛けても、気持ちが萎えている。つまり、やる気が無い。それは、私が言わない事を言ったと仲間に言い必要のない軋轢を起こした事や、無駄な人員と思っている者たちが全く自覚が無く、その者を管理するのが疲れて来たからだ。5時半に事務所に戻ると、高学歴バカ社員が来た。私が指示した事に対する報告だ。直ぐに報告するように言った、募集のアクションに着いて
 「このパンフレットを作成して、配布しようと思って居るんですが。」
 そう言って、如何にも自分が作成したように差し出したパンフレットは見覚えがある、私が以前に作成したモノの日にちだけを替えただけだった。知らん振りして、
 「この連絡先の住所が、昔の俺が居た住所になっているが。」
 「済みません、こんなのが前のデータにあったものですから日にちと会場だけ替えました。」 
 そう言って、バツが悪そうにしていた。
 つまり、この間あれほど何か手を打つように言ったのだが、何もしていなかったのだ。もう開講まで3週間しかない。
 「集まり具合が悪くて。」
 そう言って居るのだが、何もしないで集まり具合が良い筈が無い。
 あれほど、口を酸っぱくして
 「何かをしないと何も実績が出ない。あれほど、何でもいいから何かアクションを起こしなさい。」
 そう、言って何度も指示をしているのに、離れたところで事務を中心に行っているので、無視しているのだろう。
 高学歴バカ社員とその話が終わって、事務管理者智子さんの運転する車両で百貨店の地下に食材を購入に行った。野菜が切れたのだ。その時に、久しぶりに目の前で淹れてくれるコーヒーショップに入った。
 「本当に疲れた。もう人事管理をするのが嫌になった。本当にどこかに行くかもしれないよ。」
 そんな言葉が、本気とも嘘とも言えないような雰囲気になりつつある。来年6月の10周年記念が、その機会とならなければいいのだが。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報