お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(3186)立志伝敢闘編
16/11/24
2010年(平成22年)6月初旬。
 確かに、高給取りのサラリーマンであった夫は年金と未だに毎日仕事が有り、収入が多いとは知っていた。しかし、介護保険に関する経費は使いたくない。
 「介護の経費を5万円以内に抑えて欲しい。」
 「もうすでに超えていますよ。要らないと言った夜間の援助を、直ぐに増やしてくれと増やした段階で、もう超えています。先月は、最初は30分、段々と増やして2時間になった。その分は、多額の自費が出て居ますよ。」
 「説明した時点では、27万円のオーバーに成る恐れがあると言ったのに、一旦断って置きながら直ぐに続けるように要望して来た。まだ確定の金額は出ていませんが、出た段階で支払いをどうするのかサービス事業所と打ち合わせして下さい。」
 「先月分も、出来れば負担の無いようにして頂けないでしょうか。」
 「何を言って居るんですか。今月だってあれほど言って止めているのに、夜間30分だって1日3000円超えているんですよ。説明して筈でしょう。支払いの段階で、払えないというのは認める訳に行きません。ただ、長期の分割が出来るようにサービス事業所に言って置きます。」
 「今日は断る事が出来ますか。」
 「勿論、現在の状態では暴れるとか不穏な状況にないので、ヘルパーさんは不要だと思います。」
 やっと終わった話し合いだったが、いつもの様に何も決まらない。
 その話と並行して、大東本社のサービス提供責任者からいつもの利用者のいつもの報告がなされていた。
 「朝ヘルパーさんが入ったら、ベットから落ちていて回り一面に嘔吐した吐しゃ物と、衣服を着たまま糞尿をしていました。病院へ運ぶつもりで行ったんですが、強行に拒否してどうしたらいいですか。」
 「頑固だし、どうしようもないから午後に入ったヘルパーさんの報告を待つ他ない。少し早く入って、状況を報告させるように。」
 午後1時間早く訪問したヘルパーさんは、再び同じ光景を見た。直ぐにサービス提供責任者が駆け付けて、
「利用者の意思を無視して独断で救急車を呼びたい。」
と許可を貰う為に連絡が有ったので、
「直ぐに対応するように。」
と、指示した。
月1回は、このような状態を行き起こす。ホームレスに近い生活を長年して来たので、突然、団地住まいになっても食生活は変わらず、腸炎を引き起こす事がシバシバだ。総合病院で点滴を打って貰う事になって、夜6時半管理者から報告が有り
 「利用者が入院を頑なに拒否しているので、点滴が7時過ぎに終わるのでサービス提供責任者が、他の利用者のケアが終わり次第向かって対応します。」
 やっと、この日の利用者への支援が終わった。スーパー銭湯に向かって、賑わいのないお風呂にゆっくりと身を沈めた。
 研修センター事務局となった、新人高学歴の男に対する厳しい対応が必要に成って来た。研修センターの3か月に亘る空き教室の件で、指示をする。例示として提示した内容に、
 「規則があって、それに合わないので他の方法で。」
 などと言って来る。
 「他の方法は自分が考えろ。人が事例として出したものを、あれで出来ないこれできないと言って、何が出来るんだ。自分が考える事じゃないか。」
 そう言って叱責をした。
 今度は、私に十分な情報もよこさず、解釈を間違えるように誘導して置きながら、その解釈を間違ったことを指摘してにやける。ついに、堪忍袋の緒が切れた。
 「嫌な言い方をしますね。良いですか、私は気に入らなくなったら、無視しますからね。その時は、終わりだと思って下さい。何かをする事だったら、私は金銭的な事は言わない。しかし、何もしないで口先だけで誤魔化そうと思ってもそうは行かない。もうひとりと男二人で、何の収益も得られないという訳に行かない。覚悟して置いて下さい。」
 そう威圧した。
 今度は、業務を移管する研修担当の慶子さんが怒った。
「あの男性の言い方や、言い回しが嫌らしい、如何にも自分は頭が良いと思って居るのでしょうが、そんなモノ一銭にもならない。」
と、引き継ぎの時の不快さを訴えて来た。
必要のない、同じ内容の表などを幾つも作成する。それで、何が益を得るのか。憤まんやるかたない、表情だった。連携が取れない状態では、何にもうまくいかなくなる。折角採用した男性は、みんなこんな奴らばかりだ。
 午後から、ホームページ制作者が来た。今度は、工事中になっているネットショップのサイトが、少しずつ始まる事になる。人材紹介が7月からになる。新たな事務所に設置する家具などの選定も始まった。
 そんな事を思って、風呂から出ると不在着信だ。なんと、今夜約束していた税理士との打ち合わせをすっかり忘れていたのに、気付いた。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報